山内勇樹さん発案「おうちホームステイ」はラインを使う英語教材ってホント?

英語教材

普段友達や家族とラインを使ってコミュニケーションを取る方が増えていますが、山内勇樹さん発案おうちホームステイは、このラインアプリを使って英語学習を進めていくという新しい形の教材として話題になっています。どんな学習法にラインを使うのか気になります。

ラインはフィードバックに使う

おうちホームステイはスマホを使って動画を視聴しながら英語を学ぶというスタイルを導入した教材です。ただし、動画を視聴するだけでは生きた英語力を習得できません。動画を視聴する学習をインプットとするならば、アウトプットも必要になります。このアウトプットはスマホの録音機能を使うのです。覚えた英語をスマホに向かって話して録音させます。これがアウトプットです。

そしていよいよラインアプリの登場です。山内さんは英語を習得するためにインプットとアウトプットだけでなく、講師によるコーチングも大事だという考えがあります。しっかり正しい英語を話せるようになったのか確認することも必要で、これにラインアプリを使います。

スマホに録音させた音声を、スマホ留学のアカウント宛に送信します。すると講師がその音声を確認してフィードバックが折り返し戻ってくるのです。

それだけではありません。学習途中で分からないことがあったときにスマホ留学のアカウント宛に質問することもできるのです。なぜおうちホームステイは効率よく英語が身につくのかというと、これらの体制がしっかり整っているためです。

ラインアカウントの登録方法

おうちホームステイのラインアカウントは、おうちホームステイの公式サイトへアクセスすることで登録できます。ホームぺージから無料メルマガを申し込んでください。すると、おうちホームステイの無料レッスンを体験することができます。無料メルマガを申し込むと、無料レッスン動画が紹介されますので、最後まで視聴します。内容充実のレッスン動画に驚くことでしょう。動画の視聴が終わったら動画のサイトの方へ移動すると、おうちホームステイのライン登録ができる項目がありますので、そちらから登録してください。

おうちホームステイに在籍している講師はもちろんですが、タイミングがあえば山内さん自身からフィードバックが届くこともあります。

山内勇樹さん開発おうちホームステイはラインアプリを駆使して学ぼう

おうちホームステイの無料体験を申し込むと、あわせて4つの動画が案内されます。この動画がネットで評判になっていることをご存知でしょうか。一般的に英語教材の無料サービスというとそのほとんどが広告で宣伝ばかりです。うちの商品はこんなにメリットがあるんですという紹介ばかりなので、無料レッスンと謳っているもののその中身は申込者にとってレッスンでもなんでもないのです。

ところがおうちホームステイの無料レッスン動画は、本当に英語のレッスンが行われているので視聴した人のほとんどがこの内容充実のレッスン動画に驚きます。英語にある程度詳しい方がみても、この内容を無料で提供できることがすごいと口をそろえて言うほどです。

なぜ山内さんはそれほど内容充実のレッスン動画を無料で配信するのかというと、英語を学ぶために英語に対する苦手意識が邪魔になるためです。英語が話せる日本人が少ないのは、学生時代に英語を学んだはずなのに話せる英語を習得できなかったことも大きな理由のひとつとなっています。そのため、いつの間にか英語は難しい、英語を話せるようになるなんて無理と思い込んでしまうのです。

やっぱり英語を話せるようになりたいと思っても、この苦手意識が邪魔をして効率よく英語を習得できなくなります。そこに山内さんは気づいたのです。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で脳神経科学を専攻していたので、なぜ日本人はなかなか話せる英語力を習得できないのかその答えを導き出しました。

おうちホームステイの有料コースをいきなり始めようとしても、この苦手意識があるためスタートの時点でどうしても躓いてしまいます。そこで山内さんは無料レッスン動画を視聴してもらい、英語を本格的に学ぶ前に英語を学ぶ体制を受講者に整えてもらう目的で無料レッスン動画を配信しました。

もちろんラインアプリも使用できます。無料で配信された動画を視聴して、実際に英語レッスンを続けていくと途中で分からないことがでてくるでしょう。このとき役立つのがラインアプリです。その場ですぐに質問を送信できるので、疑問が疑問のまま残りません。ひとつずつ疑問を解決していくことで、英語を本格的に学ぶ体制が整っていきます。

ラインアプリですから、送信するタイミングはいつでもOKです。自分のライフスタイルに合わせて学習できるのも、おうちホームステイの魅力のひとつとして評判になっています。

いつもはコミュニケーションツールとして使っているラインアプリが、まさか英語学習教材の一環として使える日が来るなんて、きっと誰もが驚くはずです。

コメント