塩原祥之監修のスマホ留学はラインアプリを使って学ぶ最新型英語教材

英語教材

塩原祥之さん監修の英語教材はラインを使って英語を学ぶ

英語教材を体験した経験がない方にとって、最新型の英語教材と聞くとちょっと疑心暗鬼になるかもしれませんが、スマホ一台あれば最短90日で英語が話せるようになると評判のスマホ留学は、カリスマ英語講師の塩原祥之さんが開発に携わっている安心な英語教材なのです。

英語の楽しい番組を視聴しながら英語が身につくスマホ留学

なぜスマホ留学が世代を超えて幅広い人たちの間で話題になっているのか、その最大のポイントはスマホを使って語学留学に似た環境を作ることではないでしょうか。語学留学は周囲に英語を話す人しかいない環境の中で暮らすことで、英語に馴染んでいきます。スマホ留学も同じで、スマホで英語学習番組を視聴しながら英語をインプットして、ラインアプリを使って英語をアウトプットするので、語学留学を疑似体験できる英語教材として話題になりました。

しかも、配信される無料レッスン動画は内容が他の教材と違い、難しいことが一切ありません。むしろ、楽しい英語の番組を見ているような錯覚に陥るほど、楽しく英語に馴染んでいくことができます。英語が苦手な日本人向けに開発された英語教材であることを実感できるでしょう。

無料レッスンを体験する方法も簡単

スマホ留学の無料レッスンを受ける方法はとても簡単です。スマホを使ってスマホ留学のメルマガを登録してください。フリーのメールアドレスでOKです。メルマガを登録するとすぐに折り返しメールが届きます。このメールに無料レッスン動画が紹介されていますので、さっそく視聴してみましょう。スマホ留学の生みの親である塩原さんの饒舌な話し方につい夢中になってしまいます。カリスマ英語講師としてはもちろんのこと、営業マンとしての実績もあるので、英語が苦手な日本人に楽しく英語を学んでもらおうという雰囲気づくりに長けています。

初めの一歩となる無料レッスンは自己紹介になりますが、日本人の多くが海外でも通用する自己紹介を知らないかもしれません。スマホ留学の無料レッスン動画を見て、はじめて通用する自己紹介の仕方を学ぶことができるとなれば、せっかく無料なのですからこの機会を逃すわけにはいきません。

塩原祥之さん監修のスマホ留学でラインアプリを使った学習を実践してみよう

日本の学校の時間割に英語があるのに、どうして英語を話せるようにならないのか不思議だと思いませんか? 単語や文法を覚えてペーパーテストでいくら高得点を取っても、日常的に使える英語力が身につくことはありません。これは日本の英語教育の問題点であることをスマホ留学の塩原さんも指摘しています。

日常的に使える英語を話せるようになるための英語教材、それが塩原さん監修のスマホ留学なのです。英語を話せる力を身に着けるために必要なことは、インプット学習だけでなく、アウトプット学習も同時進行で進めていかなければなりません。スマホ留学がなぜラインアプリを使って学習するのかというと、アウトプット学習を毎日継続するためなのです。

スマホには音声を録音する機能が搭載されているので、スマホ留学で配信される無料レッスン動画を視聴して、動画の中で流れる英語と同じように発音をして英語を話したものをスマホに録音をして、それをラインアプリを使ってスマホ留学のアカウント宛に送り、フィードバックを受け取るというのが一連の流れになります。

まったくの英語初心者なので自信がないという方でも安心できるのは、中学校レベルの英語力があれば問題なくレッスンを進められることでしょう。日常的に英語を使って話せるようになるために必要な英語力が中学校レベルで十分というのがスマホ留学の考え方なのです。そのため、英語を聞き取る能力にまったく自信がないという場合でも、単語を覚えているかどうか微妙で不安という方でも、無料レッスン動画を見て、番組内で流れている英語を聞き取って復唱するのを繰り返すだけですから、初心者向けの英語教材と言えます。

初心者向けでありながら、実践で使える英語を身に着けられるのがスマホ留学です。1日の学習時間が短くてもOKなのは、毎日コツコツ継続して学習を続けることの重点を置いてプログラムが組まれているためです。家に帰ってきたあとくつろぎながらレッスンするのはもちろんのこと、外出先で空き時間があればそれもレッスン時間として割くことができます。まずは毎日英語に触れて苦手意識を無くし、ラインアプリをどんどん活用してフィードバックを待ちましょう。自分の発音のどこがおかしいのか的確に指摘してくれますし、同時にアドバイスももらえるので効率よく英語を身に着けることができます。スマホ一台、ラインアプリがあるだけで手軽に始められるスマホ留学の無料レッスン、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント