塩原祥之さん監修「スマホ留学」のメルマガが話題沸騰中の理由を知りたい

英語教材

塩原祥之さん監修のスマホ留学メルマガが注目されている

こんなとき英語が話せたらいいのにと思う場面はありませんか? でも英語は中学校時代で終わってしまったと諦めている方がまだまだ多いようです。塩原さん監修のスマホ留学のメルマガがどうして注目されているのか、その理由を知れば英語が身近に感じられるかもしれません。

スマホ留学が話題になった理由

何か勉強をするとなればペンを取って机に向かうというイメージがあります。これが間違いではないですが、英語を話せるようになるために必要なことは、英語に慣れることが大事だというのがスマホ留学発案者である塩原さんの考え方なのです。日本人は学校で習う英語の授業に少なからず問題があり、英語の文法を覚えることはできても英語を話せない日本人ばかりという現実があります。これに異議を唱えているのが塩原さんなのです。

今でこそ英語教育界のカリスマとなった塩原さんですが、ご自身も英語を身に着けるまでとても苦労したと言います。その根本的な原因が学校で英語を教えるスタイルにあるというのです。そして日本人に合う英語教材を開発しました。英語はとてもシンプルで、日常的に使える英語を覚えるのは難しいことではないと意識を変えることができるのもスマホ留学の魅力かもしれません。

一日を終えてゆったりくつろぎながら、撮りためていた動画を見る時間を過ごすのと同じような感覚で、スマホを使って手軽に動画を見ながら英語が身につく教材がスマホ留学です。

塩原さんがどんな人か知りたい!

英語教育界で塩原さんの名前を知らない人はいないと言われているほど知名度が高いわけですが、今回初めて塩原さんを知ったという方もまだまだ多いことでしょう。

塩原さんは関西出身なので、話し方にとても魅力があります。無料メルマガで無料配信されている動画を見れば一目瞭然ですが、動画を見終わったときにはあっという間に時間が経っていたことに気づくでしょう。

たくさん時間をかけて学習すれば英語が身につくわけではなく、いかに効率よく英語を身に着けるかが大事であることをスマホ留学の動画を見ればわかるはずです。無料メルマガによる無料動画はどなたでも手軽に視聴できると評判になっています。

塩原祥之さん監修の無料メルマガにはどんなメリットがあるのか

無料であることはすでにメリットのひとつではありますが、塩原さんの無料メルマガで配信している無料番組はいつでも、何度視聴しても無料です。いつも持ち歩いているスマホがあれば、視聴する場所を問わないのも大きなメリットでしょう。これなら自宅はもちろんのこと、移動先でもスマホ留学による無料レッスンを体験することができます。

スマホ留学には有料コースが用意されていますが、いくら評判がいいと言ってもいきなり有料コースに申し込むには勇気がいります。そこで無料メルマガの出番というわけです。塩原さんのすごいところは、この無料メルマガが有料コースの宣伝で終わらないということです。中には、無料教材とうたいながら蓋を開けて見れれば有料コースへの案内だけというものもあります。ところがスマホ留学の無料メルマガは、どうして日本人が英語を苦手に感じてしまうのか、どうすれば効率よく英語を覚えられるのか、基礎となる部分を丁寧に解説しています。

英語に対する苦手意識があると、この意識そのものが邪魔になります。英語を効率よく身に着けるために最初に必要となるのが、苦手意識を無くすことです。塩原さん監修スマホ留学の無料メルマガは、この苦手意識を無くすためにあると言えるかもしれません。

無料メルマガで配信される無料動画では、苦手意識を無くすだけでなく、どうすれば短時間学習を短期間続けるだけで英語を話せるようになるのか体感することができます。例えば、かつて英語を聞き流すタイプの教材が話題になりましたが、実際に体験した方の多くはなかなか英語が身につかないと嘆いていました。その理由をスマホ留学の無料メルマガで解説しています。

英語を覚えるためにヒアリングによるインプット作業だけでなく、実際に英語を声に出して話すアウトプット作業も必要になるのです。この二つのバランスが取れるかどうかがカギを握ります。インプットとアウトプットを繰り返して効率よく英語を身に着ける画期的な学習法が話題を呼びました。スマホ留学の無料メルマガによる無料動画でこれを体験できるチャンスを逃すのはとてももったいない話です。

意を決して覚えようとするのではなく、映画やドラマを見るような感覚でスマホ留学の動画を視聴してレッスンを体験しながら英語を話せるようになるための基礎を身に着けてみませんか? かつて他の教材を使っても効果がなかったとガッカリしている方もぜひトライしてみてください。英語の苦手意識が徐々に無くなっていくことでしょう。

コメント