サチン・チョードリーさん発案「プロジェクト2020」の無料メルマガが話題沸騰中のワケ

英語教材

サチン・チョードリーさんによるプロジェクト2020のメルマガ

メルマガと聞くと不要な広告というイメージを持つ方がまだまだいるようですが、サチンさん発案のプロジェクト2020のメルマガは英語教材として捉えてください。画期的な方法で英語を学ぶことができる新しいスタイルの英語学習を体験できると評判になっているのです。

気になるメルマガの内容について

サチンさんが発案、開発して世に誕生したプロジェクト2020は、新しい英語学習教材として人気を集めています。なぜ人気なのか、その理由は日本人のために開発された教材だからです。英語教材などどれも同じと思うかもしれませんが、過去に色んな教材を試したけれど英語が身につかなかったという声がたくさん聞こえてくることをご存知でしょうか。その理由は、学習内容に問題があったためなのです。

英語はとてもシンプルなので、シンプルな英語を基礎から身に着けることと、徹底したコーチングがあればメンタルから切り替わり、英語が話せるようになるのです。もともと日本人は英語に対して苦手意識があるので、このメンタル部分を切り替えることが重要であることをプロジェクト2020のメルマガの中でも解説しています。

過去に別の教材を体験したり、英会話教室に通ったけれど成果が出なかったという方は、プロジェクト2020の無料メルマガで新たに英語を身に着ける解決法を知ることができるでしょう。

メンタル面から見直すプロジェクト2020の無料メルマガ

英語を学ぶのにメンタル面から指導するという学習教材はこれまで出会ったことがないという方も多いのではないでしょうか。中学時代や高校時代を思い出してみてください。あのころ学校で一生懸命英語を勉強したのに、なぜ英語を話すことができないのでしょうか。実はこの学習法が私たち日本人のメンタル面に大きな影響を与えていることが分かっています。

カタカナ英語に慣れてしまって英語の発音が照れ臭いと感じたり、ネイティブ英語を話す人の前で緊張してしまうなど、不安な気持ちが押し寄せてしまいます。これが英語を苦手と感じさせてしまうのです。このメンタル面が問題で英語が苦手に思ってしまうことをメンタルブロックとサチンさんは答えます。長らく日本で活躍しているサチンさんだからこそ、日本人がなぜこれほどまで英語を苦手とするのか客観的にすぐ分かったと言います。

プロジェクト2020は英語に関する学習はもちろんのこと、メンタルブロックを解除するために必要な方法も手取足取り丁寧に教えてくれます。いつまで経っても英語が苦手なのはメンタルブロックではないだろうかと思っている人こそ、一度プロジェクト2020の無料メルマガで無料レッスンを受講してみてはいかがでしょうか。

サチン・チョードリーさん監修のプロジェクト2020無料メルマガが人気の理由

サチンさん監修プロジェクト2020の無料メルマガがこれほど人気になっているのは、サチンさん自身の人気も関係しています。メイン講師として活動しているサチンさんは国際コンサルタントとして日本はもちろんのこと、母国インドやアジアなど幅広い国々で実業家として活動しています。

そんなサチンさんが推奨しているのはグロービッシュです。グロービッシュは日常的に伝わる英語を意味していて、ネイティブ英語ではないものの誰にでも伝わるシンプルな英語を意味しています。思いを伝えることを重視しているため、テストで満点を取るような感覚ではなく、気持ちが伝わる英語でもじゅうぶん通用するというのがサチンさんの考え方です。

シンプルだからこそ初心者の方でも短期間で英語を身に着けることができるので、サチンさん開発プロジェクト2020の無料メルマガが瞬く間に話題になりました。ネイティブのような発音ではなくても、発音は8割程度出来ていれば問題ないというのがプロジェクト2020の方針です。そのため、ノンネイティブでも十分日常的に使える英語が身につくわけです。

英語が身につかないのは努力不足と勘違いしてきた方は目からうろこかもしれません。英語を話せるようになるために必要なのはメンタル部分とサチンさんはずっと答えているのです。他の国と比較すると日本は島国で、しかも単一民族としての長い歴史があります。そのため、どうしても外国人が苦手という意識がなかなか払しょくできません。

このメンタルを変えることはとても簡単だということがプロジェクト2020の無料メルマガで実感することでしょう。日常的に英語を話してみたい方はもちろんのこと、仕事で海外の人とコミュニケーションを取れるようになりたい方などもぜひプロジェクト2020の無料メルマガを受講してみてはいかがでしょうか。メルマガで紹介している無料番組は何度視聴しても無料ですし、時間も場所も問わず、スマホがあれば誰でも簡単購読が可能です。

コメント