サチンチョードリーさんが開発したプロジェクト2020の料金はいくらぐらい?

英語教材

こんなとき英語が話せたらいいのになあと思うことはありませんか? 日本で暮らしていても英語が話せたらどんなに楽しいか、どんなに役立つか痛感する場面がいくつもあります。いまから英語を習うと言っても無謀すぎる、もしもそう思っているのだとしたらプロジェクト2020を体験してみてください。きっと英語に対する考え方が大きく変わるはずです。

サチンチョードリーってどんな人?正体を知りたい!

サチンチョードリーさんの名前を聞いてピンときた方もいるのではないでしょうか。サチンチョードリーはこれまで何度も日本のテレビに出演しています。流ちょうに話す日本語に驚いた方も多いようで、本当にインドで生まれ育ったのか不思議に思うぐらいです。

そんなサチンチョードリーさんはアジアを中心に経営アドバイザーとして活動しています。生まれも育ちもインドですから初めは母国語だけしか話せませんでした。しかし、インドではインド英語とも言われているグロービッシュという言語を使ってネイティブのように英語を使いこなす人がとても多いのです。サチンチョードリーさんもこのグロービッシュで世界に通じる英語力を習得しました。このとき、なぜ日本人は英語が苦手なのか不思議に思ったそうです。英語は日本人が思っている以上にシンプルであることをサチンチョードリーさんは早く教えたかったようです。そこで開発したのがプロジェクト2020という英語教材でした。

プロジェクト2020の料金はどのぐらい?

サチンチョードリーさんはすでに日本でも有名な方でしたから、サチンチョードリーさんが開発した英語教材なら間違いないだろうと最初から評判がよかったんです。しかも、驚くことにプロジェクト2020には、無料体験が用意されていました。料金が一切かからないということです。料金無料のプロジェクト2020で受けられるレッスンは合計4回分です。

無料登録を済ませると、ほどなく無料レッスン動画の案内が届きます。この動画がまた評判なのです。英語教材だからといって堅苦しいことは一切ありません。ネイティブ英語を習得しようとするレベルの高いものではなく、日常的に使えるシンプルな英語を身に着けることを目的にしているので、動画の内容もシンプルで、なおかつ見ごたえのある内容となっています。

サチンチョードリーさん開発プロジェクト2020は料金支払いの心配がない

初めて英語に関心を持って学ぼうという意識が芽生えた方や、これまでに英会話教室や他の教材を体験して効果を得られなかった方など、この機会をきっかけにプロジェクト2020を体験してみることはメリットになるはずです。なにより無料レッスンなら料金が一切必要ないので、料金を払ったから無駄にしたくないという余計なプレッシャーを感じることもないのはストレスフリーで大助かりです。

サチンチョードリーさんがなぜプロジェクト2020に無料レッスンを作ったのかというと、英語に苦手意識がある日本人にもっと気軽に英語に触れてほしいという思いもあります。苦手意識が邪魔をして、学習意欲を妨げてしまうので、プロジェクト2020で配信してるレッスン動画を視聴することで苦手意識を無くすことを目的に料金無料のレッスン動画が作られました。

この動画を見ると、英語を効率よく話せるようになるために必要なことが分かります。

〇動画を視聴して英語をインプットする
〇動画を見て覚えた英語を口に出して発声するアウトプットをする
〇コーチングを受ける

これらを何度も繰り返すことで無理なく英語力が身についていきます。英語を一から覚えようとすると、どうしても苦手意識があって敷居を高く感じてしまいがちです。ところが、サチンチョードリーさん開発のプロジェクト2020配信の無料動画をリピート視聴していると、これまでどうして英語が苦手だったんだろうと思うようになるはずです。

そのぐらい、本来英語はとてもシンプルに覚えられるものなのです。

これまで日常生活で英語を意識していなかったために気づかないことがたくさんあります。プロジェクト2020の料金無料のレッスン動画を見ていると、身の回りにとても英語が多いことに気づくのです。たとえば、テレビを見ていると日本語の番組ばかり見ているつもりだったのに、英語が流れるシーンが多く、しかもその英語を聞き取れる英語力がいつの間にか身についていることに驚くでしょう。しかもその英語に対してどのように英語で返したらいいのか、その英文が頭の中にスラスラと浮かんで口に出して話せるようになっていることにもビックリするはずです。

英語に関心を持って苦手意識を無くし、隙間時間を利用してコツコツシンプルに学習を続けていけば、これまで以上に視野が広がり、心豊かな人生を送れるかもしれません。もっと早くプロジェクト2020に出会いたかったという声が多いのは、実際に体験して英語を習得した方が多いためでしょう。

コメント