おうちホームステイの料金はいくらぐらい?高いの?安いの?

英語教材

山内勇樹さん監修のおうちホームステイの料金は?

英語を話せるようになりたいけれど、どんな教材が自分にあっているのか分からないという方へ、おうちホームステイをおすすめします。まずは料金がいくらなのか、お手頃に学習できるのか、今話題のおうちホームステイの謎を紐解いていきましょう。

おうちホームステイに必要な料金のこと

おうちホームステイとは、自宅で手軽に学習できる英語教材です。いまインターネットを中心に話題を呼んでいる英語教材ですが、学習内容はもちろんのこと、無料レッスンが用意されていることも注目の的になっています。おうちホームステイの無料メルマガをぜひ登録してみてください。無料メルマガを登録すると、無料動画が定期的に配信されるという驚きの内容となっています。もちろん、この動画は広告ではなく、しっかりとした英語学習番組となっているので、まさしく無料でレッスンを受けることができます。

無料レッスンがあることで、有料コースがどんな流れで学習していくものなのか理解することができますし、英語が苦手という意識も無料レッスンを受けることで徐々に無くなっていきますので、英語をしっかり学ぶための土台作りが可能となります。

おうちホームステイはどんな人に向いてるの?

日本人の多くは、英語に関心がありながら苦手意識もあるため、英語学習に対してもう一歩踏み出せない部分があります。そんな方にこそ、おうちホームステイは適しているかもしれません。

〇英会話教室に通ったけれど英語を話せるようにならない
〇英語教材を取り寄せたのに効果が全く感じられない
〇忙しすぎて学習時間を確保するのが難しい
〇日常的に使える正しい英語を話せるようになりたい
〇洋画を字幕なしで観れるようになりたい
〇海外旅行先で現地の人と英語でコミュニケーションを取りたい
〇日本で暮らす外国人と英語でコミュニケーションを取りたい
〇英語を話せるようになって仕事に役立てたい

これらの項目に思い当たる節があるのなら、おうちホームステイの無料レッスンを体験してみてください。無料ですから料金は一切かかりません。無料でレッスンを受けることができます。

料金の心配いらずなおうちホームステイの生みの親である山内勇樹さんとは?

無料レッスンが用意されているおうちホームステイを開発したのは山内勇樹さんです。これまで英語に関心がなかった方にとって山内さんの名前は知らない方も多いかもしれませんが、山内さんは英語教育界においてスペシャリストと呼ばれているほど有名な方です。

山内さんは本来、英語の講師という立場ではなく、新しい形の英語学習を開発した方なのです。山内さん自身が英語を身に着けるために苦労したことや、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で脳神経科学を専攻したことから脳のメカニズムを研究して、どうすれば効率よく英語を覚えられるのか研究してきました。そこから編み出したのが、おうちホームステイなのです。

英語を生徒に教える立場にある先生に対して英語を教えるのが山内さんなので、英語講師の講師として今も活躍し続けています。日本の中学校や高校で教えている英語は大人になって活かされていないことは、現場の先生たちも知っていることなのです。だからこそ、生きた英語を効率よく覚えられる学習法を編み出した山内さんの存在がフューチャーされるようになりました。

しかも、山内さんはTOEICで最高得点もたたき出しています。英語の実力者として間違いないというわけです。そのため、おうちホームステイという画期的で新しい形の英語教材を開発するにとどまらず、日本の有名企業に対して講習を行うこともあります。

そんな山内さんから個人レッスンを受けることも可能なのですが、その料金が破格の値段なので、個人的にレッスンを受ける方法は一般的とは言い難いのが現状です。そこでおすすめなのが山内さん開発の英語教材おうちホームステイというわけです。山内さんが推奨する勉強法を実際に体験してみると、これまで自分が思っていた英語はなんだったんだろうと驚くはずです。こんなにシンプルに英語が覚えられるのかとビックリするのと同時に、嬉しくなるかもしれません。これなら英語が苦手な自分でも英語を話せるようになるかもしれないという期待に胸が膨らむことでしょう。

おうちホームステイはスマホを使って学習していきますが、スマホで動画を視聴しながら英語をインプットして、AIスピーカーを使って自分が話す英語を録音するアウトプット学習も盛り込まれています。山内さん曰く、英語はインプットとアウトプットを同じ比率で学習することで効率よく話せるようになると言います。

この新しい学習法を、おうちホームステイの無料メルマガで配信される無料動画を見ながら体験できるため、料金の心配は必要ありません。まずは無料メルマガを申し込んでみてはいかがでしょうか。

コメント